ロゴマーク

町田

「町田」が書いた記事一覧

ロゴマーク 2022/05/20 プラモデル

合わせ目消しからのディティールアップ工作とか【HGガンキャノン#4】

ライター町田

 カーテンの隙間から光が差し込んでいるようだ。

 寝ぼけまなこをこすりながら窓へ向かい、カーテンを開けてみると驚くほど天気が良い。数日雨が続いていた後だっただけに思わずテンションが上がった。

 子どもたちを学校へ見送り、そのあと一時間ほどかけて朝の仕事を済ましてしまうと、この気分を無駄にはすまいとばかりに部屋の掃除なんかを始めてみる。本棚のホコリを払って、床に雑巾がけをして、ベランダのゴミを拾って。

 そしてプラモグッズの収納場所に手を付けた時、その棚の奥にどこかでみた赤い機体がクリアケースに入っているのを発見した。嫌な予感で胸が締め付けられるのを感じながら、恐る恐る手を伸ばして確認してみる。

 …そう。

それがHGガンキャノンと再開を果たした瞬間であった。

 というわけで、久々に作りま~す。

↓HGガンキャノン制作記事まとめ↓

ガンプラ初心者の作例まとめ
【エアブラシ不使用】

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/04/26 コラム

「文化の本質とは」みたいなどうでもいいこと【晩酌 #9】

ライター町田

 もう何度か書いていることだが、今年の1月の終わりに父が急逝した。

参考ページある日突然「喪主」になった男の苦労話とか【晩酌 #6】

 長男であるわたしが喪主として葬儀の一連を執り行う中で、こういった昔からのしきたりというか、もしくはもっと大枠で「文化」とでも呼ぶべきか、我々日本人が当たり前のようにこなしている様々な行事について思い至ることがあったので、今回はそんなことをつらつらと書いていこうと思う。

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/04/22 コラム

ボツになったおつまみや本をサルベージしてみる【晩酌 #8】

ライター町田

 いい加減な我がウェブマガジン「Reeazy」の中でも、より一層いい加減にお送りしているわたくし町田の晩酌シリーズ。

 グーグル検索に引っかからない(そもそも意識してタイトルを付けていない)、何のお役立ち情報も掲載していない、さほど笑えるところもないというナイナイづくしの記事ゆえ、どうせ誰も見ていないだろうとの大前提の上でそのいい加減さに磨きをかけてきたわけだが、先日ちょっと気になってアナリティクスを確認してみると、思ったより多くの人に読まれていたようで驚いた。

 普通に生きていればこんなわたしのクソコラムにぶち当たることなどそうそうないと思うのだが…実に不思議だ。これはもしかすると、わたしの記事を狙い撃ちで読みに来てくれるというような変わり物(失礼)も一定数、片手で数えられる程度にはいるのかもしれない。そう…そこのアナタよ。今、半笑いでこの記事を読んでいるアナタよ!アナタのことよ!!

 というわけで、これからはそんな片手で収まるアナタたちに向けて記事を書いていくことにした。まぁいい加減さは変わらんけどね。

»この記事を読む

苦いのに飲みやすい!軽井沢高原ビール 2022限定 American ESB【感想&レビュー】

ライター町田

 お久しぶりにお酒のレビューでも。

 そしてその対象は…またしても、またしてもヤッホーブルーイング製品なのであった。このフレーズも最早懐かしさすら感じるが「決して回し者ではありません。」

 というわけで今回は、「軽井沢高原ビール」シリーズの2022限定商品をご紹介しようと思う。

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/03/22 コラム

3回目のコロナワクチンを交互接種してきた【晩酌 #7】

ライター町田

 わたしの元に3回目のワクチン接種券が届いたのは、今月中旬のことだった。

 人体の仕組みに関する専門的な見識も無ければ、ワクチンの科学的組成についてスラスラと説明できるだけの知識も無いわたしである。ましてや感染症そのものや副作用についてのデータなどは主にネット上で得られるモノ程度しか知らない人間ならば、いわゆる「自己判断」など到底出来ようはずもなく。そうすると、お上の申すままにへいこらとワクチンを打つしか残された手はないわけで。

 というわけで、今回の記事では3回目のワクチンを交互接種した経過などを書いてみようと思う。

 始めに断っておくがいつもの通り「雑談」のテイでお送りするので、例えばワクチン接種に際して本気で悩んでしまっているような方は、より参考になるソースをご覧いただいた方がいいかもしれない。

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/02/26 コラム

ある日突然「喪主」になった男の苦労話とか【晩酌 #6】

ライター町田

 去る1月の終わり。父が突然この世を去った。

 それは文字通りの「突然」で、残された家族はもちろんのこと、恐らくは父本人ですら何のことやらわからん状態であったかと思うが、その過程は必要最低限を除いてここでは語るまい。悲しみのおすそ分けをするつもりはさらさら無いのだ。

 当記事では、その瞬間から否応なく「喪主」にランクアップ(なのかな?)させられ、そして流れるように「相続人」へとジョブチェンジすることとなったわたしの苦労話でも語ってみようと思う。

 世の長男諸君には何となく参考になる内容かもしれんぜ。刮目せよ!

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/01/28 音楽

趣味の音楽用マイク「MXL2003A」を購入した話

ライター町田

 しばらく休んでいた趣味の音楽を再開すべく、最近新しいコンデンサマイクを購入した。

 当Reeazyをご覧の多くの方にとっては「そもそもコンデンサマイクって何?」というところからのスタートであろうかとは思うが、それは敢えて触れないでおくことにする。そんなややこしい話…どうでもいいかなって。とにかく新しいマイクを買ったということで。

 今回の記事では細かいことは抜きにして、そのマイクを使うとどんな風に音が録れるのかをザックリとご紹介してみることにした。

»この記事を読む

ロゴマーク 2022/01/03 コラム

ミニトマトから学ぶ2022年の過ごし方【晩酌 #5】

ライター町田

 年の瀬から断続的に降り続いた雪は、2022年の元日を白く染め上げた。

 車で実家に向かう道すがら。久しぶりに気持ちよく晴れた空のもと、白銀の乱反射に思わず目を細めてしまう。大晦日にあれだけ込み合っていた町は嘘のように静まり返り、朝から雪かきに勤しむ人々を横目に田舎道を走った。一年のスタートとしては申し分ないシチュエーションと言えよう。

 さて。実は昨年、ひっそりとミニトマト栽培に初挑戦していたのだが、今日の晩酌ではその話をしようと思う。

»この記事を読む

ロゴマーク 2021/12/17 コラム

Amazonの口コミとかいうカオスの中から真実を掴み取れ【晩酌 #3】

ライター町田

 何の前触れもなく、ある日突然に洗濯機が壊れてしまった。

 注水、すすぎ、排水、そして再び注水…と段階を踏んでいく途中、あるタイミングで必ずエラーが起きて止まってしまうのである。日を変えながら10回以上は試しただろうか、結局一度も最後の「脱水」まで辿りつくことはできなかった。妻が結婚前に購入したもの(実に14年前!)をそのまま使用していたので、ついに来る時が来た、ということなのであろう。今までどうもオツカレサマデシタ。

 さて。故障している間は連日コインランドリーで用を足していたのだが、そう何日も続いてもらっては困る。というわけで、さっさと洗濯機を新調することにした。

»この記事を読む

トップへ戻る Page
top
Top