ロゴマーク 2021/01/16 お料理

とろとろほくほくの焼き芋の作り方~石油ストーブ使用~

ライターichi
最近Youtubeもやってます。チャンネル登録よろしく!

今回はこの季節ならではのとろとろホクホク焼き芋を作ってみました。そして寒冷地方の方なら一家に一台はあるであろう石油ストーブで作ってみました!

前回記事ほうれん草とツナのマカロニグラタン(豆乳使用)

いしや~き芋~~♪お芋だよ~♬

ではTry me!!!

まずは動画からどうぞ※この動画はリィジィ編集部の町田作

Youtubeの大きな画面で見る

材料

材料

  • さつまいも…2つ(300~400g×2個)
  • 水…100ml(50ml×2回)
  • 新聞紙
  • アルミホイル

準備

ぐつぐつ

さつまいも、新聞紙、水を張ったボールを用意する。
※さつまいもは色が濃く、黒いかさぶたのような蜜(ヤラピン)が付いてるものを選ぼう!

調理開始

①さつまいもを新聞紙で包む。

※シーチキンの油をそのまま利用!

②新聞紙に包んださつまいもを浸す

水を張ったボールに新聞紙に包んださつまいもを浸す。

ワンポイントアドバイス!

新聞紙とさつまいもを密着させて、余分な水分を飛ばす

③アルミホイルで包む

こちらもさつまいもとアルミホイルの間に空気が入らないように密着させるのがポイント

④セット完了

フライパンにさつまいもを入れてセット完了
※因みに我が家では使わなくなったフライパンを焼き芋専用フライパンとしております

⑤蓋をしてそのまま10分ほど加熱

⑥50mlの水を加えて30分加熱

⑦途中でさつまいもを反転させる

⑧30分経ったらさらに50mlの水を加えてもう30分加熱

見えないけど、水入れてますw

完成

完成!程よく水分を含んだとろとろの甘い焼き芋が出来上がりました。
※最後にアルミホイルの上からさつまいもを触ってみて程よく柔らかければOKです。足りない場合は10分単位ぐらいで加熱してお好みの硬さになればOKです。

感想

寒い寒冷地ではストーブは必須アイテム。焼き芋は秋から冬にかけての定番の絶品おやつ。
その最強の2つのマストアイテムをストーブを使って一挙両得!とっても得した気分になります。
まだ試されてない方は是非お試しあれ!おススメです

最近Youtubeもやってます。チャンネル登録よろしく!

トップへ戻る Page
top
Top