ロゴマーク 2020/12/18 お料理

パクチー好きが作ったボンゴレビアンコ

ライターichi
最近Youtubeもやってます。チャンネル登録よろしく!

昔は大嫌いだったパクチーですが、なぜかアラサーの頃から異常にパクチーが好きなりました。なんでしょうね。これ。歳とともに味覚も変わるのって本当でしょうか??

前回記事ヘルシー餡かけのふろふき大根【産後ダイエット#2】

今回、パセリの代わりにパクチーを使い、あの独特の風味が見事にマッチしたボンゴレビアンコをご紹介します!

ではTry me!!!

まずは動画からどうぞ※この動画はリィジィ編集部の町田作

Youtubeの大きな画面で見る

材料

ボンゴレビアンコの材料
ボンゴレビアンコの材料は実にシンプル

材料(2人前)

  • あさり…400g
  • パスタ1.6mm…160g
  • にんにく…1片
  • 赤唐辛子…1本
  • パクチー20g
  • 白ワイン…60ml
  • オリーブオイル…50ml
  • 塩…少々

あさりの砂抜き

①あさりの表面を洗う

あさりの砂抜きーその1ー
意外と汚れているもんなんですよね

汚れを落とすため水を張り、両手であさりをこすり合わせる。

②食塩水を作る

食塩水を作る

海水と同じ塩分濃度約3%の食塩水を作る。
水250mlに対して塩は約小さじ1強(7.5g)。

③アサリを浸ける。

アサリを浸ける。
潮干狩りって行った事ないんですけど、、楽しいイメージがわかないw

砂が落ちるようにボールに網ザルを重ねてアサリを(ひたひたに浸かる程度)浸ける。

④30分放置

30分放置
あさりを放置

撮影時は冬だったのでそのまま新聞紙をかぶせて冷蔵庫で1~1.5時間保存

砂抜きが完了したらあさりを水から出して30分ほど放置させ、塩分調整させれば砂抜き完了です。

※夏などの気温が高いときの砂抜きは冷暗所で!

ボンゴレビアンコを作る

①【弱火】にんにくがきつね色

オリーブオイルににんにく、赤唐辛子を入れる

オリーブオイルににんにく、赤唐辛子を入れる

にんにくがきつね色になったらOKサイン

にんにくがきつね色になったらOKサイン

②パスタを茹でる

パスタを茹でる

その間に1.6mmのパスタを茹でる
水の量に対して1%の塩を入れる
※1 今回購入した1.6mmパスタは茹で時間表示に8分と表示されていたので2分引いて、6分ほど茹でる
※2 茹で汁は後で使うので捨てずにとっておきましょう

③【中火】パクチー入れてあさりを蒸し煮

パクチー入れる
あさりを蒸し煮

香り付けのため半分の量のパクチーを入れ軽く炒め、あさりを投入して白ワインを加えたら蓋をして蒸し煮にする。

④2~3分であさりの殻が開きます

⑤味を調える

味を調える

パスタを入れ、お好みでパスタのゆで汁または塩、コショウを加えて味を調える

完成!

ボンゴレビアンコの完成

最後に残しておいたパクチー半分とオリーブオイルを加えて完成!

感想

通常のボンゴレビアンコはパセリを使うと思いますが、ハーブ系の香りが立つものなら…っと思ってパセリの代わりに大好きなパクチーを入れてみました。
結果、絶妙に絡み合ったあさりの出汁と白ワインに、主張強めのパクチーが相性抜群です!今回作ってみてボンゴレビアンコにはパセリより断然パクチー派だと確信しました(笑)
全国のパクチーファンの諸君よ!是非お試しあれ!

最近Youtubeもやってます。チャンネル登録よろしく!

トップへ戻る Page
top
Top